|1/1 PAGE|

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

熊本城

JUGEMテーマ:旅行

梅雨も末期だそうですが・・・
皆様お元気でしょうか?

さて、旅日記もラスト記事となりました。
サクサクっと行きませう♪




諦めていた熊本城

昨晩市内のビジネスホテルで何気にガイドブックをペラペラとめくると
熊本城開門時間8時半とある。

ちょっと強行やけど行けるやん♪行こ行こ♪♪

てな訳でやって参りました熊本城☆



闇(くらがり)通路と呼ばれるこの通路の上には本丸御殿がある。
御殿への正式な入り口なのだそうだ。

↑手持ち撮影としては上等とちゃいます?(自画自賛、笑)

そして・・・

   ど〜〜〜〜んん



熊本城の石垣は、武者返しと呼ばれる独特の勾配が見所。

うししし、私 実はお城も好きなんです^^

天守閣の中は、加藤清正公などの展示。
あまり時間が無いので足早に観て回る。

天守閣の次に向かったのが、本丸御殿で 数年前に復元されたばかり!



なんかね、襖開けてもまた襖、また襖、また襖・・・ 
コントにあったシーンを思い描いてました^^;



これまた煌びやかな障壁画!
眩しくてクラクラしそう(笑)
勿論本物の金箔(*^-^*)

この畳の上でゴロゴロしたいぞ(笑)


さてさて熊本城も1時間ほどで切り上げて、そろそろ帰り支度。

レンタカーを返却して熊本空港へと向かう。

阿蘇の宿で出会った新婚夫婦に教わった太平燕(たいぴーえん)の美味しいお店を探すも
見当たらず(TOT)
そんな大きな空港でも無いし、教えられた場所も合ってたと思うのだが
あれ?

まぁ、いいや次回ね次回(笑)

と言う訳で阿蘇熊本・高千穂旅日記これにて終了です☆
ありがとうございました♪♪



          愛されキャラあそらくん

愛されキャラってパネルに書かれていたけど
それって自己申告するものなんやろか・・・?(笑)
 
▲topcomments(8)|-

阿蘇ドライブライン

JUGEMテーマ:旅行

 快晴

IMG_8826.jpg

高千穂をいそいそと出発し、265号線を一気に北上。

目指すは やまなみハイウエー!!

265号線は阿蘇五岳の東側を回る形になる。

陽射しはキツイが、風は涼しく、行き交う車も少ない。

 サイコーだ

IMG_8823.jpg

クネクネと山道を走ると突然視界が開け、現れた山
多分、根子岳と呼ばれる阿蘇五岳の一つ。

山が近い!!
も〜テンション上がった〜0(≧▽≦)0


265号線の先には阿蘇神社がある
火降り神事で有名だそうだが、縁結びの神社としても有名。

IMG_8834.jpg

そうなのだ、宿で出会った新婚カップルさん、ここで結婚式を挙げられたのです。

朝、玄関で旦那さんと話した時
阿蘇神社も行ってみたいと思ってるんですよね〜
と言ったら
彼は目をキラリとさせて「是非♪」と。

いい縁を持ち帰れただろうか。笑。


阿蘇神社を後にし いよいよ やまなみハイウエー

IMG_8841.jpg

IMG_8843.jpg














緑を沢山蓄えた牧場地帯。

どうしても車を降りたくなって、撮った2枚。
この独特な地形、大地のエネルギーを存分に吸収♪♪♪

IMG_8856.jpg

       ミチハツヅクヨ。。。


小休止を挟み、やまなみハイウエーを引き返す。


西へ折れる形でミルクロードを走り到着したのが

IMG_8874.jpg

              大観峰

阿蘇の北外輪山の最高峰でカルデラ内の町並み・田園風景が見下ろせる。
あ、勿論阿蘇五岳も^^

ここではかなり長い時間を過ごしました。
まぁ、後は熊本市内に戻るだけだったという事もあるけど

離れがたいと言うか、
この広大さに、なんかもっと自分の器も大きくなるんじゃないか・・とか、笑。
広さと言うか強さと言うか深さや大きさ

阿蘇ってめっちゃイイトコや〜
↑ホンマ言葉を知らんヤツ^^;

ゆ〜っくりと時間を使って、熊本市内へトミルクロードを走る。

今回触れなかったけれど、阿蘇は豊富な水源としても有名
そば屋さんが多いのも頷ける訳だ☆
阿蘇のペンションのすぐ側に有ったけれど、今回は足を運べなかったのが残念。

ではでは、残すはラスト1回!
もうちょっとだけお付き合いお願いします☆

IMG_8868.jpg



▲topcomments(6)|-

ひむか伝説の町

JUGEMテーマ:旅行


IMG_8783.jpg 

         おはようございます!!

昨晩の夕食がまだ消化しきれていないのでは・・・と思いつつ
朝食へと案内された。

写真は・・・割愛いたします(笑)

と言うのも、今日も画像多くなりそうなので^^;

昨晩の新婚さんはお寝坊スケジュールと言う事で
食堂には、飛び込みで宿泊された男性が一人。

その男性、バックパッカーでした。
なんでも、阿蘇は仕事の帰りに遠回りして帰ろ〜っとバイクで走ってたら着いた・・・
と何とも不思議なことをおっしゃる方だった。
福岡在住の方らしいのだが^^;

仕事は何してるんですかっっ?!

思わず言ってしまった。

IMG_8782.jpg

       ペンションの庭からの眺め。。。

彼はニュージーランドへ足しげく通っているらしく、一度行くと1ヶ月ぐらい滞在するのだとか。
航空券だけ握りしめてね、バイクで走って大自然を感じるのだって。

だから、仕事何してんですか!!って言いたくなるでしょ。

普通に会社員していたら、まず有り得ない(- -;)
自営業だそうだけど、生活に響かんのか〜って余計な心配をしてしまった。

ただ、彼から得た情報は、海外一人旅をしたくてウズウズしている私には
かなり有り難かった。
これってGOサインか?(笑)

南のリゾートやヨーロッパ、うんアジアも最近気になっていたんだけど
一番行きたい所は、カナダかニュージーってずっと言っていた。
大自然を身近に感じられる所が良く、しかもそれは日本とはスケールの違う大きさの。

出会いは必然です ママの言葉

やっぱり、行けって事か(笑)

IMG_8777.jpg

         お世話になりました!!

朝食の後、新婚さんの(旦那さんの方)と少し玄関で話していると
予定に余裕があるならやまなみハイウェイは絶対お勧めだと教えて頂いた。

日程は2泊3日、明日昼頃には帰る 結構強行スケジュールだし
でも熊本城も行きたいし、今から宮崎へ行くとなると・・・・といろいろ悩んだ。

でも、私阿蘇の雄大さに完全にノックアウトです(笑)
さてどうしたでしょう?
結果は次記事で書くとして、本旅の最大の目的(だった、笑。)高千穂へと向かいます!!

高千穂へはコチラから↓
続きを読む▼
▲topcomments(6)|-

もう食べられませんっ(>_<)

JUGEMテーマ:旅行

IMG_8761.jpg

中岳からこの日の宿泊地である南阿蘇までは↑阿蘇パノラマライン(吉田線)を走る。
山々を縫うように走るので 、車に乗り慣れていない人は結構怖い思いをするかも!
下り坂にヘアピンカーブ続出で、エンブレ効かせながらのドライブ
カーナビが表示するカーブの度合いが有り難かった^^
私は山道好きなんだけどね〜。


           


夕方早く宿に到着し、いただいた近くの温泉券を早速利用し
夕食までは部屋での〜んびりと過ごした。

阿蘇はペンション激戦区。
私がここのペンションに決めた理由は、値段は勿論だが何より料理が美味しそうだった事。
阿蘇って言えば温泉旅館でしょ〜っと決め込んでいたのに
宿泊施設を色々検索している内に、この考えはあっさり転んだ^^;

さて、では取り敢えず料理を〜

IMG_3787.jpg

               オードブル

いや〜、オードブルから早速美味しかった〜0(≧▽≦)0
今でも舌に残っているんだよねぇ、この味!!

IMG_3789.jpg

              パイ包み

常連さんも多いのも頷ける!
兎に角美味しい!!

このパイ包みも 常連客さんからのリクエストの多い一品なのだとか。。。

おっと、その前に自家製ハーブのフレッシュサラダもあったっけ。
写真撮るの忘れてた(笑)

IMG_3790.jpg

              若鶏のハーブ焼き

もう既に、この時点でお腹は許容量を満たしつつあったのだが、
私の舌に新しいこの味わいに残す事など有りえないのだ(笑)


ここのママの料理には砂糖は一切使われていない。
使う素材にも物凄く気を使っていらっしゃる。

ここの常連客さんには、毎月いらっしゃる方もみえるそうで
同じ物出す訳にはいかないから、料理だけがね〜、毎回頭抱えるのぉ(笑) って。


IMG_3792.jpg

                デザート

手作りのケーキに果物。
驚きはスイカ!!

まだ季節的に早く無いですか〜?

と言ったら、熊本(いや九州では?)では今頃らしく、しかもかなりの糖度!!
水っぽいのを想像してたら、甘いんですよ〜、これが!
名前を忘れてしまったけど、結構有名(高級)なスイカなんだとか。


でも〜、もうお腹が破裂寸前です〜(>_<)

ゆっくりとお食事をいただいて、一旦部屋に引き上げるのだが

実はまだ終わりでは無いのだ。
そう、21時からはお夜食タイムで再び食堂に集合する事に。

続きはコチラから↓お腹一杯になるよ!!
続きを読む▼
▲topcomments(4)|-

広角レンズが欲しくなる草千里ヶ浜。

JUGEMテーマ:旅行


梅雨入りしましたね〜。
毎日毎日よく降りますな〜(- -;)

明日から海へいく予定でしたが、前線の影響で中止に。。。

むむむ〜、もう今日は飲むしかないっ!!(T0T)

......................


IMG_8750.jpg

熊本といえば、『いきなりだんご』!!
阿蘇までの道すがら、道の駅で購入♪

これは紫芋バージョンで、一口ガブッと・・・

うん。芋やな(笑)


さて、火口を下り阿蘇パノラマラインを戻り、草千里ヶ浜へ。

IMG_8710.jpg

草千里ヶ浜は火口跡で、直径約1kmにも及ぶ広大な大草原。
中央には雨水がたまり大きな水溜りが2つあるのだが
↑は小さな水溜りでございました。

ここに立ってカメラを向けた瞬間に思った

広角レンズが欲し〜〜〜〜〜っ!!

納まりきらない、この風景。

IMG_8742.jpg

そうそう、ここで小さな国際交流がありました。

カメラをぶら下げた青年に写真を撮って下さいと自分のカメラを差し出すと
なんと、返ってきた彼の言葉は英語 ( ̄□ ̄‖)

そう彼は香港人だったのだ。

てっきり日本人かと思って、思いっきり日本語で水溜りを背景に〜って説明してた。

お互いにお互いのカメラで撮りあいっこして(笑)
笑顔でお別れをしたのであった。

え?勿論私は終始日本語。
彼は終始英語でしたよ。

でも、ちゃんと通じるんだね〜(笑)

IMG_8740.jpg

↑乗馬も体験できる。。。
 大きな水溜り

乗馬組みの隣に小さな黒い点が見えますか?
それが、例の香港より訪れていた彼の姿ですね。

IMG_8717.jpg

↑噴煙を上げている中岳火口が見える、パノラマビュー!
そりゃ広角レンズが欲しくなるでしょ^^

IMG_8756.jpg

 ↑馬の足って太いんだ〜(゜o゜)

そんな大草原で風に吹かれながらの草千里ヶ浜時間を過ごす、初夏の阿蘇。

IMG_8671.jpg

 ↑展望所より


ではでは、本日の宿へと向かいます!!




▲topcomments(4)|-

中岳火口への道のり

JUGEMテーマ:旅行


この日、会社の創立記念日で上手い事3連休になった。

狙いは勿論沖縄・・・だったのだが、3日で島は厳しい(- -)
で、思い立ったのがスピリチュアルスポットとして注目の高千穂である。

が、私の心を大きく捉えたのは、阿蘇山であった。

そうだ、まず断っておかなくては
この熊本の旅は会社の人達に『内緒』である。

誰にも言っていないので、くれぐれも宜しくお願いしたい←誰に言ってるんだ?(笑)

............................

さて、熊本空港からレンタカーで57号線を阿蘇へ向かい走ると現れるのは

若草色に染まった阿蘇五岳である。

 

運転しながらも眼前に迫り来る山々に

すげーーーーーーっ!!


まず思ったのが、ココは北海道?!

でも、広大でゆったりとしたイメージの北の大地とは違い
阿蘇の山々には男性的な力強さを感じた。
雄大という表現はその通りだと思う。

阿蘇パノラマライン(赤水線)を山頂へと走ると、草千里ヶ浜と呼ばれる場所に着く。
草千里ヶ浜については、次回にアップするとして・・・

ここの展望所では、今日は中岳火口へは行けない(火山ガス発生の為規制が出ている)
と見知らぬ女性から教えていただいた。

え〜、でもココまで来たら火口まで行きたいや〜ん(> <)

望みを捨てていなかった私は、ダメ元でロープウェイ乗り場(阿蘇山西駅)まで行く事にした。
火口まではロープウェイだけでなく、車で行く事も出来るのだ。

料金所へ近付くと、職員の方が手招きをしている。
どうやら規制はたった今解除されたらしい。
「急いで(山頂へ)上がった方がいい」と言われ

アクセルベタ踏みで火口へと向かう。

ところが、山頂の駐車場に到着すると、火口には規制が入っていた。



↑この白煙には火山ガス(二酸化硫黄・SO2)が含まれており、
喘息や気管支・心臓疾患のある人は火口見学は禁止されている。

この有毒ガスの濃度が、ある数値を超えると火口への立ち入りも禁止される。


仕方ないので、写真を撮りながら時間を潰し、規制が解除されるの待つ。。。

待つ。 (その間にNHKにインタビューされてしまった(- -;))



   ↑砂千里ヶ浜

待つ。。



  ↑火口西駅から阿蘇山西駅を望む(小さくて見えないが^^;)


待つ。。。

そうこうしている間に、喉に痛みが出始めた。
何となく咳も出できた気がする。

これ以上ここに居るのは危険かも・・・と思い、引き返そうとした矢先に規制は解除された。

当然、喉の痛みも忘れて火口へと急ぐのである←死んでも文句言えない。

さてお待たせしました。ご対面です。



すげーーーーーっ!!

噴火口にたまった雨水が煮えたぎって、緑色!!
壁面からもガスが立ち上っていて、壁には恐らく硫黄なのだろう、黄色いモノも見えた。



あの硫黄の独特の臭いを放ちながら、この山は生きている。
真っ赤なマグマを噴き上げた事も有るのだ。

凄い、こんなのに敵うわけが無い。


ただ、数分後にはまた規制が入り、退避させられる事になる。



  ↑退避豪

実際は奥に見える駐車場辺りまで出されたのだが
間に合わない時は、この豪に退避するのだろうと思われる。

後で聞いた話だけど、火口へ行けたのはラッキーだったのだとか。
3度来て3度ともダメだった人も居るのだそう。

阿蘇に歓迎してもらった様な気がした。。。



第一目標は達成できたので、山を降り草千里ヶ浜へ向います。。。
▲topcomments(8)|-

目指すはパワースポット!!

JUGEMテーマ:旅行


何かで聞いたか読んだかで知った。
何故飛行機は高い高度を飛ぶのか。

IMG_3781.jpg

今まで何度か飛行機に乗る機会が有ったが、その度に不思議に思っていた。
でも、それを誰かに尋ねようとか調べようとか全く思わなかった事も不思議だ。

ふっ、無知なヤツ・・・と笑わないでやって下さい。

それよりも不思議なのは、あの鉄の塊が空を飛んでるって事だよ。

あ、また、誰かに笑われた気が・・・。


那覇(石垣)線に乗ると、セントレアを離陸するとすぐ海の上だった。
陸の上を飛ぶのは数分だったので、家の上を飛んでいるのか結局いつも分からず仕舞い。

今回こそ確かめよう!!

そう思った矢先、飛行機はいつもと違う進路を取った・・・
そりゃそうだ、今回の行き先は南西方面では無かったのだ^^;

IMG_8862.jpg

  ↑昨日まで私はここ(ニュージーランド?)に居ました。

広大な・・・と言うより雄大な大地に立ち 
地球の鼓動を目の当たりにしてきたのであります。

そしていつも素晴らしい出会いと、お天気に恵まれ、感謝感謝の旅なのです。
今回も初日からラッキー続きでございました☆

と言う訳で、2泊3日の一人旅日記始まります!!

IMG_8888.jpg

世界最大級のカルデラの地〜♪

当機はセントレアより西へ向かいます。
▲topcomments(9)|-
<< | April 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Links

 

にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 MAIL

tripadvisor

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  空色地図-sorairo no chizu-/banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored